山梨の奥地。栃代川流域に林鉄残存レールを見た

早番で朝から勤務だったのだが、出勤したら勤務がなくなっていたので、そのまま出掛けることにした
当初予定では午後から行くつもりだったが7時間前倒しで動けたので、甲府南ICに着いたのは午前9時を回ったばかりだった
行程に余裕が出来たので、ちょっと寄り道。南アルプス市若草支所に
DSC_9979.JPG
ここにはかつて中央東線で活躍した旧型電気ED16が展示されている

DSC_9980.JPG
看板の写真はなんで鉄道模型なんだ???

DSC_9985.JPG
反対側。これ、地色はちゃんとコゲ茶色なんだが、コケか花粉で緑色っぽくなっている
屋根がついておりフェンスもあるので保存状態は悪くない
清掃された直後なら綺麗に見れたろうに・・・・・・まぁ仕方ないw

若草支所を後に、身延方面へゆく。随分延長された中部縦貫道で南下
甲斐常葉から栃代(とじろ)川にそって東へ。山中へ分け入ってゆく
正面には切り立った山。谷間に突っ込んで最後の集落を越えると神社の先で舗装路が終わり林道に
手前に車を置いて歩く
林道は地ならしをしたのか、比較的新しい湿った土が盛られていた
・・・・・・これは・・・・・・なくなったか?
いや???
DSC_9987.JPG
あった!あったぞ!!
DSC_9990.JPG
頭の部分だけ辛うじて除かせている林鉄レール。片側しか見えないが、これは反対側は埋まっているのか?
DSC_9991.JPG
昭和30年代に廃止されたレールが残されているのはとても稀有
もしかしたらこの先も掘り返せばレールが出てくるのかもしれない
この先で終点(起点)で少し前までレールが残っていたそうだが、すでに撤去されているそうだ
今日は「仕事帰り」なのと猛暑に加えてスズメバチの気配がするのでこれで撤収
いや、良い物見れたぞ♪

DSC_9992.JPG
ちょっと下った集落の中。道路は林用軌道の転用。柵には軌道由来のレールが使用されていた
DSC_9993.JPG
機関車は入らなかったので6kgの軽量レール。下りは自重で、上りは馬力かな?

見るべきものも見れたので、栃代の集落を後に、帰路につく
もう二度とこないだろうな・・・・・・




0

この記事へのコメント